制作とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

制作

「作品を制作する。」などのように使う「制作」という言葉。

「制作」は、音読みで「せいさく」と読みます。

「制作」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「制作」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

制作の意味

「制作」には次の意味があります。

芸術作品などを作ること。(出典:デジタル大辞泉)

芸術作品のほか、テレビ番組、映画、音楽などを作る際にも制作といいます。
「制作」は、創作活動としての要素があるものを作るときに使われます。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

制作の使い方・例文

・その人は今までぼくが何を制作しても絶対に認めてくれなかったんです。
(出典:松本清張『黒の様式』)

・それと共にわたしはいよいよわが制作の困難なることを知ったのである。およそ芸術の制作には観察と同情が必要である。
(出典:永井荷風『十日の菊』)

・映像制作の才能に疑いをもつことさえなかった二十代の自分を思いだす。
(出典:石田衣良『赤・黒(ルージュ・ノワール) 池袋ウエストゲートパーク外伝』)

・シェイクスピアはこの作を比較的暇な時に書いたことになる。この制作年代をもっと早く、一五八八年か九年頃と推定する学者もいる。
(出典:シェイクスピア/大山俊一訳『リチャード3世』)

・あの人は最初からそのつもりで、制作日数を計算していたにちがいない。
(出典:法月綸太郎『生首に聞いてみろ』)

スポンサーリンク

類語

生産(せいさん)
意味:人間が自然に働きかけ、財・サービスをつくりだし、または採取・育成する活動。(出典:デジタル大辞泉)

製作(せいさく)
意味:道具や機械などを使って品物を作ること。(出典:デジタル大辞泉)

創造(そうぞう)
意味:新しいものを初めてつくり出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

製造(せいぞう)
意味:原料に手を加えて製品にすること。(出典:デジタル大辞泉)

創作(そうさく)
意味:新しいものをつくり出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました