切ないとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

切ない

「切ないラブストーリー」などのように使う「切ない」という言葉。

「切ない」は、音読みで「せつない」と読みます。

「切ない」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「切ない」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

切ないの意味

「切ない」には次の二つの意味があります。

1 悲しさや恋しさで、胸がしめつけられるようである。やりきれない。やるせない。
2 身動きがとれない。どうしようもない。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

切ないの意味①「悲しさや恋しさで、胸がしめつけられるようである。やりきれない。やるせない。」

「切ない」の一つ目の意味は「悲しさや恋しさで、胸がしめつけられるようである。やりきれない。やるせない。」です。

「切ない思い」は「自分ではどうしようもなく、苦しくて心が痛む思い」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・嬉しいような、切ないような気分が振り子のように彼の中で揺れている。
(出典:東野圭吾『幻夜』)

・これまでこれほどまでに悲しく切ない女の声を聞いたことがなかった。
(出典:楡周平『マリア・プロジェクト』)

・そうすれば生き延びてこんな切ない思いをすることもなかったはずだ。
(出典:村上春樹『1Q84 BOOK3』)

・そのような唄がどんなに終戦後の村々の心を切なくしたことだったろう。
(出典:石牟礼道子『苦海浄土』)

類語

・もの哀しい(ものがなしい)
意味:どことなく哀しいさま。悲哀を感じさせる様子、または悲哀を感じる心持ち。(出典:実用日本語表現辞典)

・哀切(あいせつ)
意味:非常に哀れでもの悲しいこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・苦しい(くるしい)
意味:悩み・せつなさ・悲しさ・後悔などで、心が痛んでつらい。(出典:デジタル大辞泉)

・辛い(つらい)
意味:精神的にも肉体的にも、がまんできないくらい苦しい。苦しさで耐えがたい。(出典:デジタル大辞泉)

切ないの意味②「身動きがとれない。どうしようもない。」

「切ない」の二つ目の意味は「身動きがとれない。どうしようもない。」です。

打つ手がなく、途方に暮れている様子を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それだけ世の中ってのは、切ないことが多い、ということなのだろう。
(出典:赤川次郎『人形たちの椅子』)

・その上でも、この結論にたどりつくのは、切ないものであった。
(出典:富野由悠季『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上)』)

・罪を犯してもさうせずにゐられぬといふことは切ないことだ。
(出典:坂口安吾『ぐうたら戦記』)

類語

・八方塞がり(はっぽうふさがり)
意味:どの方面にも差し障りがあって、手の打ちようがないこと。(出典:実用日本語表現辞典)

・手も足も出ない(てもあしもでない)
意味:施す手段がまったくない。力が及ばずどうしようもない。(出典:デジタル大辞泉)

・途方に暮れる(とほうにくれる)
意味:方法や手段が尽きて、どうしてよいかわからなくなる。(出典:デジタル大辞泉)

・万策尽きる(ばんさくつきる)
意味:できるかぎりのあらゆる手段・方法がなくなること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました