共生とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

共生

「共生関係」などのように使う「共生」という言葉。

「共生」は、音読みで「きょうせい」と読みます。

「共生」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「共生」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

共生の意味

「共生」には次の意味があります。

2種類の生物が,密接な関係をもって生活することをいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

「共生」をわかりやすく言うと「共に生きること」という意味になります。
相互に利益がある場合に使うことが多いです。
また、生物以外のことであっても、相互利益があったり、共に生きたりすることを「共生」と言うことがあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自然と共生していく感覚のなかで雄太は心が安らいでいった。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

・ホームレスの人たちも含めて、わたしたちはやはり共生していかなければならない。
(出典:五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』)

・そのため、いつの間にか奇妙な共生関係が形成されてしまったのだろう。
(出典:山本弘『サーラの冒険 4 愛を信じたい !』)

・また、共生関係において歌・音楽が重要な役割を果たしているようです。
(出典:アン・マキャフリイ『パーンの竜騎士シリーズ(全16巻) 5 竜の歌い手』)

・むしろ協調しあう共生状態で安定してゲームを終了していたことがわかった。
(出典:高橋伸夫『できる社員は「やり過ごす」』)

スポンサーリンク

類語

共栄(きょうえい)
意味:幾つかのものが、共に栄えること。(出典:デジタル大辞泉)

相互関係(そうごかんけい)
意味:お互いの関係のこと。(出典:実用日本語表現辞典)

共同(きょうどう)
意味:複数の人や団体が、同じ目的のために一緒に事を行ったり、同じ条件・資格でかかわったりすること。(出典:デジタル大辞泉)

協力(きょうりょく)
意味:力を合わせて事にあたること。(出典:デジタル大辞泉)

協調(きょうちょう)
意味:互いに協力し合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました