入居とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

入居

「アパートに入居する。」などのように使う「入居」という言葉。

「入居」は、音読みで「にゅうきょ」と読みます。

「入居」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「入居」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

入居の意味

「入居」には次の意味があります。

はいってそこに住むこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

引っ越しをするだけでなく、その場所に住むという意味も含まれます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・二つの棟の間にはスペースがあり、そこが入居者の駐車場となっていた。
(出典:乙一『死にぞこないの青』)

・新聞勧誘が嫌で出ていったというアパートを見つけるとすぐに入居した。
(出典:池上永一『あたしのマブイ見ませんでしたか』)

・その言葉は彼が言うからこそ、入居者に力を与えているように思えた。
(出典:稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』)

・その上で本人が「ここでやってみたい」と言って、はじめて入居となる。
(出典:小林道雄『翔べ! はぐれ鳥』)

・この地に入居する前は、彼女が夫をそんな目で見たことはなかった。
(出典:森村誠一『ホーム アウェイ』)

類語

入植にゅうしょく
意味:開拓地や植民地などにはいって生活すること。(出典:デジタル大辞泉)

転宅てんたく
意味:住居を他に移すこと。ひっこし。転居。(出典:デジタル大辞泉)

引っ越しひっこし
意味:引っ越すこと。転居。移転。(出典:デジタル大辞泉)

定住ていじゅう
意味:きまってそこに住んでいること。ある一定の場所に住居を決めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

移築いちく
意味:建築物を解体して他の場所へ移し建て直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました