僧侶とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

僧侶

「立派な僧侶」などのように使う「僧侶」という言葉。

「僧侶」は、音読みで「そうりょ」と読みます。

「僧侶」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「僧侶」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

僧侶の意味

「僧侶」には次の意味があります。

出家して仏道を修行する人。また、その集団。僧徒。僧。(出典:デジタル大辞泉)

「僧侶」をわかりやすく言うと「お寺のお坊さん」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・「寺の僧侶だから自分は悟っているのだ」というような生悟りの気持ちを持っていました。
(出典:大川隆法『悟りの挑戦』上巻)

・この人は何等かの理由で他の僧侶達と一緒にならず、只祈りをいい続けた。
(出典:モース・エドワード・シルヴェスター『日本その日その日』)

・狂熱的な僧侶の反動もただ大勢に一つの色彩を加えたに過ぎなかった。
(出典:和辻哲郎『『偶像再興』序言』)

・そしてふたりが大神殿の内部へ進んで行くと、僧侶は列の次の者のほうを向いた。
(出典:バローズ/小西宏訳『火星の交換頭脳』)

・見ると、カソリックの若い僧侶が椅子にかけて聖書を一心に読み初めた。
(出典:横光利一『旅愁』)

類語

住職(じゅうしょく)
意味:寺の長である僧。(出典:デジタル大辞泉)

神父(しんぷ)
意味:カトリック教会で、司祭などに対して用いる尊称。(出典:デジタル大辞泉)

和尚(おしょう)
意味:天台宗などで、戒を授ける僧。また、高僧の敬称。(出典:デジタル大辞泉)

聖職者(せいしょくしゃ)
意味:宗教上の聖職に就いている者。僧侶・神職・神父・牧師など。(出典:デジタル大辞泉)

祭司(さいし)
意味:祭儀を執り行う者。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました