偽善とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

偽善

「とんだ偽善者だな」などのように使う「偽善」という言葉。

「偽善」は、音読みで「ぎぜん」と読みます。

「偽善」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「偽善」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

偽善の意味

「偽善」には次の意味があります。

うわべだけを飾って正しいように、あるいは善人のように見せかけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「偽善」をわかりやすく言うと「自分の本心とは異なっても、人から尊敬される善き行いを選び、自分を良く見せるために取り繕う」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・けれど、何を言っても、うわべだけで偽善的に聞こえるような気がした。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 7 ハリー・ポッターと死の秘宝』)

・それにもかかわらず私は明かに偽善者であると言明せねばならぬ。
(出典:有島武郎『惜みなく愛は奪う』)

・わたしはいつも清廉潔白には、偽善の下地が隠されていると思っていたがね。
(出典:バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』)

・心ひそかに敵と思っている男に、友好的な挨拶をするのは、許しがたい偽善ではないのか。
(出典:アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯』)

・同じように子を持つ親として、心中お察ししますというような偽善的な苦悩の表情。
(出典:秋元康『着信アリ』)

類語

・絵空事(えそらごと)
意味:大げさで現実にはあり得ないこと。(出典:デジタル大辞泉)

・八方美人(はっぽうびじん)
意味:だれからも悪く思われないように、如才なくふるまうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・知能犯(ちのうはん)
意味:暴力,威力,脅迫などによらず,知能によってなされる犯罪。(出典:百科事典マイペディア)

・虚妄(きょもう)
意味:事実でないこと。うそいつわり。(出典:デジタル大辞泉)

・二枚舌(にまいじた)
意味:矛盾したことをいうこと。一つのことを二様にいうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました