偏見とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

偏見

「偏見は良くない」などのように使う「偏見」という言葉。

「偏見」は、音読みで「へんけん」と読みます。

「偏見」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「偏見」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

偏見の意味

「偏見」には次の意味があります。

かたよった見方・考え方。ある集団や個人に対して、客観的な根拠なしにいだかれる非好意的な先入観や判断。(出典:デジタル大辞泉)

「偏見」を分かりやすく言うと「相手に対する、根拠がない偏った見方や考え方」という意味です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これは私の偏見だが、私はハンカチを持っている男をあまり信用しない。
(出典:村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 1』)

・どうしてこの男がわが民族に対する偏見を植えつけるのを許すんですか?
(出典:エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』)

・わたしが彼らにひどい偏見を持つようになったのはブラウンのせいだ。
(出典:ラヴクラフト全集1『04 「闇に囁くもの」』)

・それはみんな音楽というものに偏見がなかったということだろうね。
(出典:山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』)

・少し偏見を持っている気もするが、言っていることは概ね理解できた。
(出典:神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』)

スポンサーリンク

類語

依怙贔屓えこひいき
意味:自分の気に入りの者や関係のある者だけの肩をもつこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

先入観せんにゅうかん
意味: 前もってつくられた固定的な観念。それが自由な思考を妨げるときにいう。 (出典:大辞林 第三版)

偏向へんこう
意味:考え方などがかたよっていること。(出典:大辞林 第三版)

僻見へきけん
意味:かたよって道理にはずれた見識。(出典:精選版 日本国語大辞典)

バイアス
意味:考え方や意見に偏りを生じさせるもの。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました