倦むとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

倦む

「倦み果てる」などのように使う「倦む」という言葉。

「倦む」は、訓読みで「うむ」と読みます。

「倦む」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「倦む」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

倦むの意味

「倦む」には次の意味があります。

・退屈する。嫌になる。飽きる。(出典:デジタル大辞泉)

「倦み果てる」は「つくづく嫌になる」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・人間というものは妙なもので英雄的なところがないと倦んでくるものだ。
(出典:賀川豊彦『空中征服』)

・それくらいのことは、彼女の倦むことのない饒舌を少しも妨げなかった。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

・ひとの心を倦ませないようにするのが、われわれ夜の種族の役割です。
(出典:古川日出男『アラビアの夜の種族1』)

・自分たちが共有してきた、世界のどこにもない、倦んだような時間
(出典:小池真理子『薔薇いろのメランコリヤ』)

・その方の愛とまもりは倦むことも変わることもなく、決して奪われもしません。
(出典:オルコット/恩地三保子訳『若草物語』)

類語

・萎える(なえる)
意味:体力や気力が衰えて弱る。(出典:デジタル大辞泉)

・飽きる(あきる)
意味:多すぎたり、同じことが長く続いたりして、いやになる。(出典:デジタル大辞泉)

・退屈(たいくつ)
意味:くたびれて気力がおとろえること。いやになること。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・苦悶(くもん)
意味:苦しみもだえること。もがき苦しむこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・足掻く(あがく)
意味:活路を見いだそうとして必死になって努力する。あくせくする。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました