信号機とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

信号機

「信号機が点滅する」などのように使う「信号機」という言葉。

「信号機」は、音読みで「しんごうき」と読みます。

「信号機」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「信号機」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

信号機の意味

「信号機」には次の意味があります。

信号を送る装置。特に交通の安全を確保するための信号を送る機械。交通機関のためのものは鉄道用と道路用とに分かれ、青(緑)、黄(橙)、赤の色灯や腕木を用いる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「信号機」をわかりやすく言うと「交通のための信号を送る機械」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・広いばかりで、信号の一つもなかった通りに、ようやく信号機が現れた。
(出典:新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』)

・しかし現実には、信号機の記録などというものは存在しなかったのだ。
(出典:東野圭吾『天使の耳』)

・アキヒロは、信号機から流れ出す音をこれほど感謝したことがなかった。
(出典:乙一『暗いところで待ち合わせ』)

・僕はそのあいだずっと信号機の柱にもたれて息をととのえていた。
(出典:村上春樹『国境の南、太陽の西』)

・しかも、列車は場内には入らず、信号機の手前で停止した様子だった。
(出典:平岩弓枝『旅路(上)』)

スポンサーリンク

類語

シグナル
意味:信号。合図。(出典:デジタル大辞泉)

合図(あいず)
意味:身ぶりなどで知らせること。前もって取り決めた方法で物事を知らせること。また、その方法や信号。(出典:デジタル大辞泉)

道路標識(どうろひょうしき)
意味:道路の安全かつ円滑な利用を図るために、案内・警戒・規制・指示などをしるした標示板。(出典:デジタル大辞泉)

サイン
意味:符号。信号。また、合図すること。(出典:デジタル大辞泉)

号令(ごうれい)
意味:多くの人にあるきまった行動をとらせるため、大声で命令したり指図したりすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました