俊才とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

俊才

「彼は俊才だ」などのように使う「俊才」という言葉。

「俊才」は、音読みで「俊才」と読みます。

「俊才」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「俊才」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

俊才の意味

「俊才」には次の意味があります。

なみはずれて優れた才能を持っていること。また、その人。英才。秀才。俊足。(出典:精選版 日本国語大辞典)

つまり、「俊才」とは「ずば抜けて優秀な才能を持っていること」や「ずば抜けて優秀な才能を持っている人」を意味します。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・学問のほうでも非常な俊才で、藩公のお覚えもめでたい、ということです。
(出典:司馬遼太郎『燃えよ剣 1 (上)』)

・それには惜しい、という噂を聞いての、呼んで会ったところなかなかの俊才と見た。
(出典:山田風太郎『明治断頭台 山田風太郎明治小説全集7』)

・そうしてその時期にめぐり合せた俊才たちは、きまって憂鬱になるのだ。
(出典:小酒井不木『闘争』)

俊才で、今年中には学頭に上げられるだろうといううわさがある。
(出典:藤沢周平『漆(うるし)の実のみのる国(下)』)

・ここは、全国から俊才の集まる学校だったが晋作は、やはり失望した。
(出典:西村京太郎『天下を狙う』)

類語

秀才しゅうさい
意味:非常にすぐれた学問的才能。また、その持ち主。(出典:デジタル大辞泉)

英才えいさい
意味:すぐれた才能・才知。また、その持ち主。秀才。(出典:デジタル大辞泉)

天才てんさい
意味:天性の才能。生まれつき備わっている、普通の人とはかけはなれたすぐれた才能。また、その才能をもっている人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

偉才いさい
意味:すぐれた才能。また、その持ち主。(出典:デジタル大辞泉)

奇才きさい
意味:世にまれな、すぐれた才能。また、その才能の持ち主。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました