促進とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

促進

「成長を促進させる」などのように使う「促進」という言葉。

「促進」は、音読みで「そくしん」と読みます。

「促進」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「促進」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

促進の意味

「促進」には次の意味があります。

物事がはやくはかどるようにうながすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「促進」を、わかりやすく言うと「物事をよりはやく進ませるように働きかけること」という意味になります。
「成長を促進する」で「よりはやく成長するように働きかける」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あるいは国際間の平和も、これから促進されるということがあるであろう。
(出典:芥川龍之介『羅生門・鼻・芋粥』)

・どのくらい移行が促進されているか、ちゃんとデータを出しておこう。
(出典:瀬名秀明『パラサイト・イヴ』)

・この男は現在、そごうデパートに勤め、販売促進の仕事に従事している。
(出典:東海林さだお『ショージ君の青春記』)

・発明の機能はもはや技術の促進ではなくて、商品生産の労働となる。
(出典:戸坂潤『技術の哲学』)

・国家死滅のプロセスを確実に促進することができるのは、慣れだけである。
(出典:レーニン/角田安正訳『国家と革命』)

スポンサーリンク

類語

速める(はやめる)
意味:速さを増させる。急がせる。(出典:大辞林 第三版)

推進(すいしん)
意味:事業や運動などを達成するように努めること。(出典:デジタル大辞泉)

増進(ぞうしん)
意味:力や勢いをますこと(出典:大辞林 第三版)

プロモーション
意味:助長。推進。奨励。(出典:デジタル大辞泉)

昂揚(こうよう)
意味:(精神や気分などが)高まること。また、高めること。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました