例外とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

例外

「例外的な参加」などのように使う「例外」という言葉。

「例外」は、音読みで「れいがい」と読みます。

「例外」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「例外」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

例外の意味

「例外」には次の意味があります。

通例にあてはまらないこと。一般原則の適用を受けないこと。また、そのもの(出典:)

「例外」をわかりやすく言うと、いつも通りではなく決まりなどの条件をうけないことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・。これにはただ一つの例外の村があったが、そこには数人の老嬢がいた。
(出典:吉田秀夫『人口論』)

・そしてまいど、守備のほうが、そのたび破られていることも例外がない。
(出典:吉川英治『私本太平記』)

・乗り組の高等船員はひとりだけ例外はあるが、一八九五年と同じである。
(出典:ドイル/鈴木幸夫,鮎川信夫,内田庶,中尾明訳『シャーロック・ホームズ全集(下)』)

・この通りの端から端まで、建っている家には例外なく彼らがいるんです。
(出典:シマック『子供たちの子供』)

・しかし雑器の領域に来る時、その稀な例外の一つの場合に来るのである。
(出典:柳宗悦『民芸四十年』)

スポンサーリンク

類語

範疇外はんちゅうがい
意味:限られた広がりのそと。ある領域の外側。区域外。(出典:精選版 日本国語大辞典)

逸脱いつだつ
意味:本筋や決められた枠から外れること。(出典:デジタル大辞泉)

規格外きかくがい
意味:製品や農作物などが、定められた基準に当てはまらないこと。(出典:デジタル大辞泉)

特例とくれい
意味:特にもうけた例外。特別な例。(出典:精選版 日本国語大辞典)

別物べつもの
意味:普通ではない特別の物。例外。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました