人口に膾炙するとは?意味、類語、使い方・例文をわかりいやすく解説

スポンサーリンク

人口に膾炙する

「人口に膾炙した名言」などのように使う「人口に膾炙する」という言葉。

「人口に膾炙する」は、「じんこうにかいしゃする」と読みます。

「人口に膾炙する」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「人口に膾炙する」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

人口に膾炙するの意味

「人口に膾炙する」には次の意味があります。

人々の話題に上ってもてはやされ、広く知れ渡る。(出典:デジタル大辞泉)

この言葉は膾(なます)と炙(炙り肉)は誰の口にも合うことから、「周知されている」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この句は人口に膾炙する句なれども俗気多くして俳句とはいふべからず。(出典:正岡子規『俳諧大要』)

・こんなによく出来たアダ名が、じつはそれほど人口に膾炙するにいたっていないのは不思議だが、(出典:安岡章太郎『良友・悪友』)

・「ストーカー」という名前が人口に膾炙するにつれ、精神分裂病などの妄想にも登場するようになった。(出典:斉藤茂太『「まさか」の人に起こる異常心理』)

・誠に御無事な御生涯で、その外には何一つ、人口に膾炙するような御逸事と申すものも、なかったからでございます。(出典:芥川龍之介『羅生門・鼻』)

・ウォルポールが考案したこの造語は人口に膾炙するに至ったのです。(出典:茂木健一郎『「脳」整理法』)

類語

周知(しゅうち)
意味:広く知ること。広く知れ渡っていること。(出典:日本国語大辞典)

知れ渡る(しれわたる)
意味:人々に広く知られるようになる。(出典:デジタル大辞泉)

噂(うわさ)
意味:世間で言いふらす話。風説。(出典:日本国語大辞典)

話題(わだい)
意味:話の主題。話のたね。(出典:日本国語大辞典)

評判になる(ひょうばんになる)
意味:世間で取りざたすること。(出典:日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました