予期不安とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

予期不安

「予期不安に陥る」などのように使う「予期不安」という言葉。

「予期不安」は、音読みで「よきふあん」と読みます。

「予期不安」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「予期不安」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

予期不安の意味

「予期不安」には次の意味があります。

・これらの症状が発作的に起こる不安発作では,しばしば死の恐怖を伴う。それがまた起こりはしないかと予期して不安(予期不安)になり,外出もできず,乗物に乗れなくなる例もある。身体症状が不安によるものと自覚されず,心臓疾患などを疑って内科を訪れる人も多い。(出典:世界大百科事典内の予期不安の言及)

「予期不安」をわかりやすく言うと「失敗が頭にちらついて緊張してしまう」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・発作が起きるかも知れない予期不安もあったが、自分の精神をコントロールする自信をなくしていたので、窓から飛び降りたくなったり、刃物を手にしたくなったりするのを抑えられないと言うのだった。

(出典:南木佳士『阿弥陀堂だより』)

・しかし、乃木将軍は事前に荻原家にまつわるこの話をまったく知らなかったので、度胸試しに「開かずの間」に泊るときのような予期不安はなかったのである。

(出典:中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』)

・これらは旅先の過労、就寝時間のズレ、「開かずの間」に就寝する予期不安によってS・O・REMを起こしたものと説明できる。

(出典:中村希明『怪談の科学―幽霊はなぜ現れる』)

・車の運転でエンストしてしまうのではないかという予期不安が解消される。

・病気が再発するのではないかと予期不安を抱いている。

類語

イップス

意味:緊張や不安などによって、それまでスムーズにできていた動作が思い通りにできなくなる運動障害。(出典:デジタル大辞泉)

パニック障害(ぱにっくしょうがい)

意味:突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を起こし、そのために生活に支障が出ている状態。(出典:『みんなのメンタルヘルス総合サイト』)

恐怖症(きょうふしょう)

意味:意味:そう感じることが無意味であると思いながら、特定の事物や状況に対して強い不安や恐怖を感じる神経症。(出典:デジタル大辞泉)

神経症(しんけいしょう)

意味:心理的な原因によって起こる心身の機能障害。(出典:デジタル大辞泉)

PD(ぴーでぃー)

意味:《panic disorder》⇒パニック障害。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました