乾坤一擲とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

乾坤一擲

「乾坤一擲の勝負に出る」などのように使う「乾坤一擲」という言葉。

「乾坤一擲」は、音読みで「けんこんいってき」と読みます。

「乾坤一擲」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「乾坤一擲」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

乾坤一擲の意味

「乾坤一擲」には次の意味があります。

運命をかけて大勝負をすること。(出典:デジタル大辞泉)

「自分の運命を賭けた一世一代の大勝負」というときに、用いられます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・反信長勢力は、灼けるような期待を抱き、信長とその勢力は乾坤一擲の大勝負を覚悟した。(出典:池宮彰一郎『本能寺(上)』)

・この一筋に自己の活路を求めたのは秀吉の乾坤一擲の賭であつた。(出典:唐木順三『千利休』)

・浅見にとっては、もしかすると乾坤一擲の想いを込めた言葉なのかもしれない。(出典:内田康夫『浅見光彦殺人事件』)

・競馬場というところは、男が生命をかけるとは言わないが、乾坤一擲、それぞれの器量にあわせて勝負をかける場所である。(出典:山口瞳『草競馬流浪記』)

・角田さんというのは乾坤一擲の人ですからね。(出典:豊田穣『海軍軍令部』)

類語

大博打おおばくち
意味:規模の大きなばくち。転じて、危険性は大きいが、うまくいけば大きな成果を得られそうなことをすること。(出典:デジタル大辞泉)

運否天賦うんぷてんぷ
意味:運のよしあしは天が決めるということ。運を天に任せること。(出典:デジタル大辞泉)

運試しうんだめし
意味:賭け事などをして、運がよいか悪いかを試すこと。成功するかどうか思いきって挑戦してみること。(出典:デジタル大辞泉)

一か八かいちかばちか
意味:結果がどうなるか予想のつかないことを、運を天にまかせて思いきってやってみること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

伸るか反るかのるかそるか
意味:成否は天にまかせ、思い切って物事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました