主要とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

主要

「主要な人物」などのように使う「主要」という言葉。

「主要」は、音読みで「しゅよう」と読みます。

「主要」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「主要」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

主要の意味

「主要」には次の意味があります。

いろいろある中で特に大切なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「主要」をわかりやすく言うと、さまざまな物事の中でとても大事で必要という意味をもちます。不可欠な物事のことです。とりわけ大切だという様子をあらわすこともあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・これは、おしゃれな検事代理の歩き方に、彼の美質の主要な一つであるいきな様子を与えるものだった。
(出典:アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯』)

・だが、そこにいるのは学園の主要な生徒だ。
(出典:新城十馬『蓬莱学園の初恋!』)

主要科目は全部百点に近い成績だったが、体操や武道が落第点に近かった。
(出典:井上靖『あすなろ物語』)

・そういう現実感が大人ッぽいものに感じられる主要な要素であろう。
(出典:坂口安吾『安吾の新日本地理』)

・都市の門からわれわれが行進するときに通ってきた主要道路である。
(出典:バローズ『火星シリーズ1 火星のプリンセス』)

類語

大切たいせつ
意味:もっとも必要であり、重んじられるさま。重要であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

おも
意味:重要なさま。中心になるさま。(出典:デジタル大辞泉)

重要じゅうよう
意味:ものごとの根本や中心に関係していて大事であること。たいせつなこと。また、そのさま。肝要。(出典:精選版 日本国語大辞典)

肝要かんよう
意味:非常に重要なこと。大切なこと。また、そのさま。かなめ。肝心。(出典:精選版 日本国語大辞典)

要用ようよう
意味:必要なこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました