丘陵とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

丘陵

「丘陵を下る」などのように使う「丘陵」という言葉。

「丘陵」は、音読みで「きゅうりょう」と読みます。

「丘陵」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「丘陵」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

丘陵の意味

「丘陵」には次の意味があります。

山頂高度がほぼそろった標高約 300mの小起伏地をさす。台地や隆起準平原が多くの小さな河谷によって刻まれ平坦面を失ったもので,山地と台地の中間的性格をもつ。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

「丘陵」をわかりやすく言うと「小さい山」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ラソ山は高さ三十米ほどの丘陵で島の中心よりやや東北に位置していた。
(出典:中山義秀『碑・テニヤンの末日』)

・それだけ言って背を向け、集まってきた連中とともに丘陵を下り始めた。
(出典:押井守『Avalon 灰色の貴婦人』)

・いままでに越えたのよりさらに高い丘陵の頂上で、わたしは足をとめた。
(出典:バローズ『火星シリーズ07 火星の秘密兵器』)

・遙かに見える丘陵もやっぱり砂の丘であって一夜の暴風で出来たものだ。
(出典:国枝史郎『沙漠の古都』)

・川と丘陵、すなわち水田と畑の国といった意味を表しているようである。
(出典:宮崎康平『まぼろしの邪馬台国』)

類語

高地(こうち)
意味:標高の高い土地。(出典:デジタル大辞泉)

砂丘(さきゅう)
意味:風で運ばれた砂が堆積してできた小高い丘。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

台地(だいち)
意味:平坦面の縁を急斜面で限られた比較的標高の低い台状の地形。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

高台(たかだい)
意味:茶碗や鉢の底につけられた低い円環状の台部。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

岳(がく)
意味:ごつごつと高く険しい山。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました