不毛とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不毛

「不毛な土地」などのように使う「不毛」という言葉。

「不毛」は、訓読みで「ふもう」と読みます。

「不毛」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不毛」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不毛の意味

「不毛」には次の二つの意味があります。

1土地がやせていて作物や草木が育たないこと。また、そのさま。
2なんの進歩も成果も得られないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

不毛の意味①「土地がやせていて作物や草木が育たないこと。また、そのさま。」

「不毛」の一つ目の意味は「土地がやせていて作物や草木が育たないこと。また、そのさま。」です。

不毛の「不」は悪いや否定などマイナスのイメージで、「毛」は地に作物が育つことを表します。


具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・昼までに暑さはいよいよ激しくなり、土地はいよいよ不毛となっていた。
(出典:ムアコック『この人を見よ』)

・野菜瓜なるものが植えられてあるそうだが、見るからに不毛な畑である。 
(出典:井上靖『私の西域紀行(下)』)

・水の便は悪いし、土質も悪く、畑にも田にもならない不毛地であった。 
(出典:新田次郎『槍ヶ岳開山』)

・ なぜ私達が、砂しかない不毛な地に住み始めたのか、長い間知らなかった。
(出典:時雨沢恵一『キノの旅 第04巻』)

類語

未開拓みかいたく
意味:土地がまだ開拓されていないこと。また、そのさま。未開。(出典:デジタル大辞泉)

荒土あらつち
意味:荒れはてた土地。(出典:精選版 日本国語大辞典)

荒蕪地こうぶち
意味:荒れて雑草などの生い茂った土地。荒地。(出典:精選版 日本国語大辞典)

痩せ地やせち
意味:地味が豊かでなく、作物などがよく育たない土地。(出典:精選版 日本国語大辞典)

不毛の意味②「なんの進歩も成果も得られないこと。また、そのさま。」

「不毛」の二つ目の意味は「なんの進歩も成果も得られないこと。また、そのさま。」です。

無駄や無意味といった言葉に言い換えることができます。不毛な恋、不毛な争い、不毛な会議など行動や感情と合わせて使われる言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そんな不毛なやり取りを研究所の玄関でしている時に、目的の人は現れた。
(出典:むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』)

・ 肩かたを落とし、なにかを数えだしたが、その不毛ふもうさに気づいたのだろう。
(出典:秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第03巻』)

・だからみていると不毛なような安心するような不思議な感じがした。
(出典:長嶋有『猛スピードで母は』)

・妹さんは、平沢との不毛の恋愛に疲れきっていたとしたらどうです。
(出典:森村誠一『致死眷属』)

類語

無駄むだ
意味:役に立たないこと。それをしただけのかいがないこと。また、そのさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

虚しいむなしい
意味: 無益である。むだである。かいがない。(出典:デジタル大辞泉)

無益むえき
意味:利益のないこと。むだなこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

無足むそく
意味:むだになること。むだであること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました