不服とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不服

「不服を唱える」などのように使う「不服」という言葉。

「不服」は、音読みで「ふふく」と読みます。

「不服」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不服」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不服の意味

「不服」には次の意味があります。

納得がいかず、不満に思うこと。 また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「不服」をわかりやすく言うと、「他人が自分に対して行った判断に納得がいかず、従う気になれない。」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼女が一等と決まった時にはだれ一人不服を言う者はなかった。
(出典:横溝正史『誘蛾燈』)

・立ち番の二人はやや不服気に、それでも仕方なく少女から目を逸らした。見とれたい気持ちは男として非常によくわかる。
(出典:吉野匠『レイン1 雨の日に生まれた戦士』)

・むろん、口をひらく気配もない。それを、不服のあらわれととったのか、老人はさらにことばをつづけた。
(出典:井上祐美子『五王戦国志2 落暉篇』)

・叱られること、少々痛い目にあわねばならぬであろうことは覚悟していた。しかし「少し考えたらいい」と言われたのは、私としては不服であった。
(出典:なだいなだ『クレージイ・ドクターの回想』)

・自分のしてゐることをいちいちけなされるやうで私は内心不服であつた。
(出典:森田たま『もめん随筆』)

類語

・不満(ふまん)
意味:もの足りなく、満足しないこと。 また、そのさまやそう思う気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

・不承知(ふしょうち)

意味:承知しないこと。承知できない こと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・不同意(ふどうい)

意味:同意しないこと。(出典:デジタル大辞泉)

・異存(いぞん)

意味:反対の意見や、不服な気持ち。(出典:デジタル大辞泉)

・文句(もんく)

意味:相手に対する言い分や苦情。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました