不可逆とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

不可逆

「不可逆的な変化」などのように使う「不可逆」という言葉。

「不可逆」は、音読みで「ふかぎゃく」と読みます。

「不可逆」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「不可逆」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

不可逆の意味

「不可逆」には次の意味があります。

再びもとの状態にもどれないこと。(出典:デジタル大辞泉)

「可逆(かぎゃく)」は「もとの状態に戻ることができること」という意味の言葉なので「不可逆」は「もとの状態に戻れないこと」を意味します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・時間というのは、不可逆であって、いうなら、前へ、前へ、と流れている。
(出典:森本哲郎『日本語 根ほり葉ほり』)

・この観点からすれば、不可逆現象というものは存在しないはずである。 
(出典:堀淳一『物理の風景―数理物理学者の見た世界』)

・それらすべては不可逆で、絶対元には戻らない。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第10巻』)

・死というのは不可逆性のものなんじゃないのか?
(出典:小野不由美『屍鬼(下)』)

・事態はすでに不可逆的に進んでいたからだ。
(出典:平田剛士『漁民解体』)

スポンサーリンク

類語

覆水盆に返らずふくすいぼんにかえらず
意味:一度したことは、もはや取り返しがつかないことのたとえ。(出典:デジタル大辞泉)

一回性いっかいせい
意味:一回起こっただけで、再び起こることはないということ。 (出典:大辞林 第三版)

後の祭り(あとのまつり)
意味:物事が、その時機をはずして、無益なものになってしまうこと。手おくれ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

手遅れ(ておくれ)
意味:手当てや処置すべき時機をのがすこと。(出典:デジタル大辞泉)

賽は投げられた(さいはなげられた)
意味:事ここに至ったうえは、結果はどうなろうとも断行するほかはない。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました