三つ巴とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

三つ巴

「三つ巴の乱闘」などのように使う「三つ巴」という言葉。

「三つ巴」は、訓読みで「みつどもえ」と読みます。

「三つ巴」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「三つ巴」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

三つ巴の意味

「三つ巴」には次の意味があります。

三つのものが互いに対立して入り乱れること。(出典:デジタル大辞泉)

3つの事象が乱立しそれぞれ対立することを表す言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・というのは、三者が勝点一で三つ巴になってしまったのである。
(出典:赤瀬川隼『球は転々宇宙間』)

・火の玉が三つ巴になって、互いに追っ駈け合っているのであった。(出典:橘外男『生不動』)

・この三つは三つ巴のようにつながった謎の三位一体である。
(出典:寺田寅彦『時の観念とエントロピーならびにプロバビリティ』)

・怒りと屈辱とショックが三つ巴で戦っていて、どれをメインにしたらいいのか分からなかった。
(出典:恩田陸『夜のピクニック』)

・これは三つ巴の忍法争い、思うただけでぞくぞくするほど面白うござる。
(出典:山田風太郎『外道忍法帖』)

類語

対立(たいりつ)
意味:二つのものが反対の立場に立つこと。また、二つのものが互いに譲らないで張り合うこと。(出典:デジタル大辞泉)

対峙(たいじ)
意味:対立する者どうしが、にらみ合ったままじっと動かずにいること。(出典:デジタル大辞泉)

食い違い(くいちがい)
意味:食い違うこと。また、その点。(出典:デジタル大辞泉)

相異(そうい)
意味:二つのものの間にちがいがあること。(出典:デジタル大辞泉)

敵対(てきたい)
意味:相手を敵とみなして対抗すること。敵としてはむかうこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました