一触即発とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一触即発

「一触即発の状況」などのように使う「一触即発」という言葉。

「一触即発」は、音読みで「いっしょくそくはつ」と読みます。

「一触即発」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一触即発」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一触即発の意味

「一触即発」には次の意味があります。

ちょっと触れればすぐに爆発しそうなこと。危機に直面していること。(出典:デジタル大辞泉)

緊張状態で使われる言葉であり、穏やかではなくあまり相手との関係は良好ではない状況で使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この勇気ある娘は、一触即発の状況に耐えられず、車を出てきたのだ。だが、どうやって?
(出典:菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』)

・酒の入った兵士達は腰の武器に指をかけ、一触即発という雰囲気ふんいきだ。このままではいけない。
(出典:喬林知『今日からマ王 第11巻 「めざせマのつく海の果て!」』)

・こんな試合から早く解放してもらってラッキー、といったところだろうか。スタンドの騒ぎは小康状態になったが、一触即発であるのは変わりない。
(出典:野沢尚『龍時(リュウジ)1─2』)

・この状況はまさに辞書に載せたいほど美しい“一触即発”な状況だった。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜-9 翡翠ちゃん、反転衝動!』)

・要するに、会津討伐は薩長の私怨でありました。これが立場の逆な西国諸藩でありましたなら、たちまち一触即発でしたな。
(出典:浅田次郎『壬生義士伝 上』)

類語

・緊張(きんちょう)
意味:相互の関係が悪くなり、争いの起こりそうな状態であること。(出典:デジタル大辞泉)

対峙(たいじ)
意味:対立する者どうしが、にらみ合ったままじっと動かずにいること。(出典:デジタル大辞泉)

・危機一髪(ききいっぱつ)
意味:髪の毛1本ほどのごくわずかな差で危機におちいりそうな危ない瀬戸際。         (出典:デジタル大辞泉)

・瀬戸際(せとぎわ)
意味: 勝負・成否などの分かれ目。(出典:デジタル大辞泉)

・冷戦(れいせん)
意味:武力は用いないが、激しく対立・抗争する国際的な緊張状態。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました