一網打尽とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

一網打尽

「犯罪グループを一網打尽にしてやった」などのように使う「一網打尽」という言葉。

「一網打尽」は、音読みで「いちもうだじん」と読みます。

「一網打尽」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「一網大臣」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

一網打尽の意味

「一網打尽」には次の意味があります。

・一度打った網でそこにいる魚を全部捕らえること。転じて、一味の者を一度に全部捕らえること。(出典:デジタル大辞泉)

「打尽」は取り尽くすことを意味し、1つの網で全て取り尽くすことを表します。
「何かを一気に捕まえたり捕まえる」ことを表す際に使われますが、「一気に片付ける」という意味で使用されることもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・杉ノ原氏との関係から一網打尽にやられた教授は決して少なくないようだ。
(出典:戸坂潤『社会時評』)

・そこを手づかみで、あるいは網やヤスを用いて一網打尽にしてやるのだ。
(出典:熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』)

・主だった勤王志士たちが一網打尽にされてしまったといってよい。
(出典:池波正太郎『人斬り半次郎 幕末編』)

・引き潮に乗って沖へ帰ろうとする魚を、文字通り一網打尽にするのである。
(出典:灰谷健次郎『アメリカ嫌い』)

・東吾と源三郎と長助が行き合せて、三人の男は一網打尽になった。
(出典:平岩弓枝『御宿かわせみ 10 閻魔(えんま)まいり』)

類語

・一気呵成(いっきかせい)
意味:ひといきに文章を書き上げること。また、ひといきに物事を成し遂げること。(出典:デジタル大辞泉)

・取切る(とりきる)
意味:すべて取る。取り尽くす。(出典:デジタル大辞泉)

・消受(しょうじゅ)
意味:受けること。すっかり受け取ること。(出典:デジタル大辞泉)

一瀉千里(いっしゃせんり)
意味:物事が速やかにはかどり進むこと。(出典:デジタル大辞泉)


意味:(出典:)

タイトルとURLをコピーしました