ローンチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ローンチ

「来月に新商品をローンチする」などのように使う「ローンチ」という言葉。

英語では、「launch」と表記します。

「ローンチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ローンチ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ローンチの意味

「ローンチ」には次の意味があります。

立ち上げること。参入すること。始めること。特に、新しい商品などを売り出すこと。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネスでは、ネット事業に参入した時や、ウェブサイトを立ち上げた時などを、ローンチと呼びます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・2000年にプラットフォームでローンチされることが確認されている。

・新しいキャンペーンは、ローンチから1か月で無くなった。

ローンチ以降、右肩上がりの業績を残している。

ローンチこそ遅れたものの、今や業界トップといえる。

類語

開設(かいせつ)
意味:新しい施設や設備などをこしらえること。(出典:デジタル大辞泉)

始める(はじめる)
意味:物事を行っていない状態から行う状態にする。(出典:デジタル大辞泉)

リリース
意味:音楽アルバムやアプリケーションソフトなどを発売すること。(出典:デジタル大辞泉)

公開(こうかい)
意味:公衆に開放すること。(出典:デジタル大辞泉)

スタート
意味:新しく始まること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました