ロンリーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ロンリー


「ロンリーな夜を過ごす」などのように使う「ロンリー」という言葉。

英語では「lonely」と表記します。

「ロンリー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ロンリー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ロンリーの意味


「ロンリー」には次の意味があります。

ひとりぼっちであるさま。さびしいさま。(出典:デジタル大辞泉)

独りでいることと寂しいことが合わさって一つの言葉になっています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

ロンリーの使い方・例文


・生まれてきてからずっとロンリーだ。

・その老人はリタイア後ロンリー生活を送っていた。

ロンリーな期間が長ければ長いほど、心身にはよくない。

・また今日もロンリーな夜がやってくる。

・結婚してロンリーな生活ともおさらばだ。

類語


寂しい(さびしい)
意味:仲間や相手になる人がいなくて心細い。(出典:デジタル大辞泉)

侘しい(わびしい)
意味:心が慰められないさま。心細い。(出典:デジタル大辞泉)

心細い(こころぼそい)
意味:頼るものがなく不安である。(出典:デジタル大辞泉)

独りぼっち(ひとりぼっち)
意味:《「ひとりぼうし」の音変化。「ひとりぽっち」とも》仲間や頼る人などがいなくて、ただひとりであること。(出典:デジタル大辞泉)

ロンサム
意味:ひとりぼっちでさびしいさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました