ロケハンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ロケハン

「ロケハンを行う」などのように使う「ロケハン」という言葉。

英語では「location hunting」と表記します。

「ロケハン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ロケハン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ロケハンの意味

「ロケハン」には次の意味があります。

・ロケーションに適した場所を探して歩くこと。(出典:デジタル大辞泉)

ロケハンとは映画などの撮影場所を探しに行くことです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・霧野さんはアレのロケハンで札幌行ったり関西にきたり大忙しらしいわ。
(出典:有栖川有栖『海のある奈良に死す』)

・あれはロケハンの結果を他のスタッフに伝えていたのだろう。
(出典:有栖川有栖『海のある奈良に死す』)

ロケハンの結果、撮影場所の候補は、島の西海岸ということになった。
(出典:喜多嶋隆『プールサイドで踊ろう』)

・岩手を知らない他人に任せる気になれなくてロケハンの案内役を名乗り出た。
(出典:高橋克彦『蒼い記憶』)

・車で町をロケハンすると、ラクダの隊商が車の脇を歩いていくの。
(出典:盛田隆二『サウダージ』)

類語

下見したみ
意味:前もって見て調べておくこと。下検分。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました