ルーツとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ルーツ

「カレーのルーツ」などのように使う「ルーツ」という言葉。

英語では「roots」と表記ます。

「ルーツ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ルーツ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ルーツの意味

「ルーツ」には次の意味があります。

ものごとのおおもと。起源。出自。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ルーツ」は「おおもと」という意味があるので、「先祖」、「始祖」という意味でも使います。

小説などの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・日本人がカレーを食べるようになったのは軍隊食がルーツであるらしい。
(出典:桜坂洋『よくわかる現代魔法 第5巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』)

・休んでいる間に音楽のルーツを考えたり、音楽の変遷を見ていたんだ。
(出典:尾崎豊『堕天使達のレクイエム』)

・西王母の神話とは、いわば、あの七夕伝説のルーツにもなった話である。
(出典:今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』)

・この町を歩くことは、それだけで、自分のルーツにふれることになる。
(出典:下田治美『愛を乞うひと』)

・あの作品のルーツはこんなところにあったのだなあ、と、現在感無量である。
(出典:筒井康隆『不良少年の映画史 PART1』)

スポンサーリンク

類語

先駆者せんくしゃ
意味:事を他にさきがけて行なった人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

発端ほったん
意味:物事が始まること。また、物事や書物の初め。(出典:精選版 日本国語大辞典)

源流げんりゅう
意味:物事の起こり。始まり。起源。(出典:デジタル大辞泉)

淵源えんげん
意味:物事の起こり基づくところ。根源。みなもと。(出典:デジタル大辞泉)

由来ゆらい
意味:物事がそれを起源とするところ。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました