リーガルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リーガル

「リーガルマインド」などのように使う「リーガル」という言葉。

英語では「regal」と表記します。

「リーガル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リーガル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リーガルの意味

「リーガル」には次の意味があります。

・多く複合語の形で用い、法律に関する、合法的な、の意を表す。(出典:デジタル大辞泉)

人気ドラマの「リーガルハイ」も「法律」という意味で使われています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

リーガルの使い方・例文

・あれは、少しでもリーガル・マインドを身につけた人間のやることじゃない。
(出典:江川卓『たかが江川されど江川』)

・もう一つ書き落してならないことは、リーガル・セクションと呼ばれた法律局がある。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(下)』)

類語

・合法的(ごうほうてき)
意味:法規にかなっているさま。(出典:デジタル大辞泉)

・法的(ほうてき)
意味:法律の立場に立つさま。法規に基づくさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・決める(きめる)
意味:「定める」は「学校制度を定める」「税制を定める」など、改まった言い方で文章語的といえる。(出典:デジタル大辞泉)

・法定(ほうてい)
意味: 法令によって定めること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました