リリカルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リリカル

「リリカルな歌詞」などのように使う「リリカル」という言葉。

英語では、「Lyrical」と表記します。

「リリカル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リリカル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リリカルの意味

「リリカル」には次の意味があります。

叙情的なさま。叙情詩的。リリック。(出典:デジタル大辞泉)

リリカルをわかりやすく言うと、自分が感じたままに、感動や情緒を述べた詩のことをいいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・東京が持つトレンディでリリカルな雰囲気が、大阪には感じられないのだ。
(出典:姉小路祐『動く不動産』)

・こんなリリカルな作品を書いたのかと、耳まで恥ずかしさに真っ赤になってしまいました。 
(出典:梶尾真治『百光年ハネムーン』)

・十八九のとき持って居たような漠然さではなく、自分はどうしてもリリカルな作者ではないことに心づいて来た。
(出典:北川悦吏子『恋のあっちょんぶりけ』)

・独特の光の明暗によってリリカルな動きを現そうとした。
(出典:有島武郎『生まれ出づる悩み』)

リリカルの音楽を出すことよりも、むしろ印象のイメージを的確にするための音象効果にあった。
(出典:竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第01巻 幸福の桜色トルネード』)

類語

叙情(じょじょう)
意味: 自分の感情を豊かに、また、うったえかけるように述べあらわすこと。(出典:デジタル大辞泉)

叙事(じょじ)
意味:事実や事件を、ありのままに述べ記すこと。(出典:デジタル大辞泉)

情緒(じょうちょ)
意味: 事に触れて起こるさまざまの微妙な感情。(出典:デジタル大辞泉)

内面的(ないめんてき)
意味:物事の内部・内容に関するさま。(出典:デジタル大辞泉)

心情を綴った(しんじょうをつづった)
意味:心の中にある思いや感情を綴った(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました