リミックスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リミックス

「リミックスアルバム」などのように使う「リミックス」という言葉。

英語では、「remix」と表記します。

「リミックス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リミックス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リミックスの意味

「リミックス」には次の意味があります。

レコード制作で、完成された曲を、さらにミキシングし直して、別のバージョンにする作業。(出典:デジタル大辞泉)

英語で「re」には再びという意味があり、「remix」は再びミキシングするという意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ライヴにしたって、スタジオ録音をリミックスすることも十分出来るし。
(出典:川島誠『ロッカーズ』)

リミックスのための面白いアイテムとしてである。
(出典:鷲田清一『てつがくを着て、まちを歩こう ―ファッション考現学』)

・このアルバムには、新旧アニメ作品をリミックス収録している。

・この曲はオリジナルではなく、リミックスなんです。

類語

加工(かこう)
意味:人工を加えること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アレンジ
意味:音楽、とくにポピュラー音楽で、編曲。(出典:精選版 日本国語大辞典)

色付(いろつけ)
意味:物に色をつけること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

修正(しゅうせい)
意味:不十分・不適当と思われるところを改め直すこと。(出典:デジタル大辞泉)

粉飾(ふんしょく)
意味:飾りつくろうこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました