リベラルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リベラル

「リベラルな社風」などのように使う「リベラル」という言葉。

「リベラル」は、英語で「liberal」と読みます。

「リベラル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リベラル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リベラルの意味

「リベラル」には次の意味があります。

因習などにとらわれないさま。(出典:デジタル大辞泉)

リベラルは自由なや自由主義といった意味があります。しきたりなどに振り回されず、自由に行っていくというときにリベラルが使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

リベラルで理想主義な首相が邪魔になって、政府の保守勢力が企てたことだとも言われている。
(出典:福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』)

・その浅見家の系譜の中にあっては、秀一はリベラルな人だったようだ。
(出典:内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』)

・もっとライトに、もっとリベラルに、考えるべきなのかもしれないじゃないか。
(出典:西尾維新『化物語(上)』)

・西園寺は藩閥出身総理の多い中では、公家出身でリベラルな政治家と見られていた。
(出典:豊田穣『革命家・北一輝』)

・いや父がアメリカへ行ったころは、日本にもリベラルの風が吹き、陽気なアメリカニズムが生きていた。
(出典:森村誠一『ミッドウェイ』)

類語

自由じゆう
意味: 自分の意のままに振る舞うことができること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

開放的かいほうてき
意味:ありのままを見せて隠しだてをしないさま。あけっぴろげ。(出典:デジタル大辞泉)

フリーダム
意味:自由。(出典:デジタル大辞泉)

自由主義じゆうしゅぎ
意味:個人の権利や自由を基本とし、社会のあらゆる領域における個人の自由な活動を重んずる思想的立場。(出典:デジタル大辞泉)

柔軟じゅうなん
意味:一つの立場や考え方にこだわらず、その場に応じた処置・判断のできるさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました