リブートとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リブート

「コンピューターをリブートする」などのように使う「リブート」という言葉。

英語では「reboot」と表記します。

「リブート」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リブート」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リブートの意味

「リブート」には次の意味があります。

・コンピューターや周辺機器の使用を中止し、起動しなおすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「リブート」とは、「再起動」の意味です。「リスタート」も同じ意味になります。「リブート(reboot)」をよく見てみると、「re:再び」「boot:起動する」に分けられます。「再起動」となる理由が見えますね。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・同時にシステムをリセットし、リブートをかける。
(出典:桜坂洋『よくわかる現代魔法 第4巻 jini使い』)

・システム上のバグを修正するためにコンピューターをリブートをする。

・日本でのリブートという言葉の使用方法は、イギリスなどで使用される意味の「リメイク」の意味合いが強い。

類語

・リスタート(restart)
意味:コンピューターやアプリケーションをいったん終了してから、もう一度起動し直すこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

・リメイク(remake)
意味:過去に発表されている映画作品の新版。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

タイトルとURLをコピーしました