リッチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リッチ

「リッチな生活」などのように使う「リッチ」という言葉。

「リッチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リッチ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リッチの意味

「リッチ」には次の二つの意味があります。

1 金銭があって物質的に恵まれているさま。裕福なさま。
2 料理などの内容が豊富で、充実しているさま。食物、料理の味わいや香りが豊かで濃いさま 。
(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

リッチの意味①「金銭があって物質的に恵まれているさま。裕福なさま。」

「リッチ」の一つ目の意味は「金銭があって物質的に恵まれているさま。裕福なさま。」です。

いわゆる「お金持ち」で、そのお金を使って裕福な生活をしている人のことを言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・というか、少なくともリッチなツーリストたちの姿がないのはなぜなのか?
(出典:アーサー・C・クラーク『宇宙の旅〈オデッセイ〉シリーズ(全4巻) 4 3001年終局への旅』)

・彼の給料は三十万円以上だったから、リッチな気分でのびのびとできた。
(出典:浅野誠『ビジネスマンの精神病棟』)

・職員にもそこまでリッチな人がいるとは思えない。
(出典:松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』)

・生活費といえば、さっきいったようにわたしたちは、今珍しくリッチだった。
(出典:深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第2巻 忘れられた村の忘れられたスープ(上)』)

類語

富祐(ふゆう)
意味:財産が多くあって、生活が豊かなこと。また、そのさま。裕福。(出典:デジタル大辞泉)

富饒(ふじょう)
意味:富んで豊かなこと。また、そのさま。ふにょう。(出典:デジタル大辞泉)

裕福(ゆうふく)
意味:財産や収入がゆたかで生活に余裕があること。また、そのさま。富裕。
(出典:デジタル大辞泉)

富有(ふゆう)
意味:財産を多く持つこと。また、そのさま。金持ち。(出典:デジタル大辞泉)

リッチの意味②「料理などの内容が豊富で、充実しているさま。食物、料理の味わいや香りが豊かで濃いさま。」

「リッチ」の二つ目の意味は「料理などの内容が豊富で、充実しているさま。食物、料理の味わいや香りが豊かで濃いさま」です。

ビールの商品名等に使われているのが、印象的な言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・クリスマス・プディングというのは、こんもりと小さな山型に作られたリッチなフルーツケーキである。
(出典:森瑤子『望郷』)

・風味はリッチで香料もよく利いており、量がたっぷりあった。
(出典:A・バートラム・チャンドラー『銀河辺境シリーズ(全25巻) 12 銀河私掠船団』)

類語

濃厚(のうこう)
意味:味・色・におい・成分などが濃いさま。こってりとしたさま。(出典:デジタル大辞泉)

芳醇(ほうじゅん)
意味:香りが高く味のよいこと。また、そのさま。多く、酒にいう。(出典:デジタル大辞泉)

豊潤(ほうじゅん)
意味:豊かで、うるおいのあること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました