リスクヘッジとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

リスクヘッジ

「いくつもリスクヘッジをする」などのように使う「リスクヘッジ」という言葉。

英語では「risk hedge」と表記します。

「リスクヘッジ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「リスクヘッジ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

リスクヘッジの意味

「リスクヘッジ」には次の意味があります。

相場変動などによる損失の危険を回避すること。(出典:デジタル大辞泉)

「リスクヘッジ」を言い換えると「保険を掛けること」や、「念のための対策をとること」などとなります。
もともとは金融業界で使用されていた言葉ですが、近年は金融に限らず様々な場面で「(何らかの)危険を回避する」という意味で使用されるようになりました。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だから多少きつくともリスクヘッジのために広く浅くお客さんを持っておけば、誰かが駄目になっても、ダメージは少ないの。
(出典:楡周平『フェイク』)

・分散投資は最も基本的なリスクヘッジの手法の一つだ。

・そんなことをしても手間が増えるだけでリスクヘッジにはならない。

リスクヘッジをすればするほど、大きな利益も得にくくなる。

リスクヘッジのため他にもいくつかのルートを用意している

類語

ヘッジ
意味:株式・債券・商品・外国為替などの取引で、価格の騰落による損失や不利を避けるため、信用取引や先物取引で売買を行っておくこと。掛け繋(つな)ぎ。保険繋ぎ。繋ぎ売買。繋ぎ取引。繋ぎ。(出典:デジタル大辞泉)

分散(ぶんさん)
意味:物事がばらばらに分かれ散ること。また、分け散らすこと。(出典:デジタル大辞泉)

リスクマネジメント
意味:危機管理のこと。将来起こりうるリスクを想定し、リスクが起こった場合の損害を最小限に食い止めるための対応をいう。(出典:ナビゲート ビジネス基本用語集)

つなぎ売買(つなぎばいばい)
意味:商品や株式の実物取引において生じる損失を回避するため、から売買で埋め合わせておくこと。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

保険を掛ける(ほけんをかける)
意味:うまくいかなかった時に備えて、別の手段を用意する。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました