ランドマークとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ランドマーク

「ランドマークとなっている建物」などのように使う「ランドマーク」という言葉。

英語では「landmark」と表記します。

「ランドマーク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ランドマーク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ランドマークの意味

「ランドマーク」には次の意味があります。

その土地や景観の目印となる山や高層建築など、際立った特徴を持つもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ランドマークとなっている建物」は、「目立っていてその地域の象徴となっているような建物」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・目指す場所はホテルから離れた所にある、学芸都市の中心に聳えるランドマーク
(出典:鎌池和馬『とある科学の超電磁砲』)

・もっとも基本的な地形や、駅や遠野家といった昔から変らないランドマークはそのままだが。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜-55 ひみつのおたから』)

・目立つランドマークなので、海からも港からもよく見え、印象深かったのだ。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 4 英雄と王』)

・ワールドワイドなコンペのもとに選ばれたデザイナーの設計により一九九七年に全面改装された、京都のランドマーク的建築物の代表格である。
(出典:鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 6』)

・竣工から五〇年もの歳月が経過した、都民にはなじみ深いランドマークであった。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 2 魔王来臨』)

類語

目印(めじるし)
意味:目標となる物。(出典:デジタル大辞泉)

シンボル
意味:象徴。表象。(出典:デジタル大辞泉)

象徴(しょうちょう)
意味:抽象的な思想・観念・事物などを、具体的な事物によって理解しやすい形で表すこと。また、その表現に用いられたもの。シンボル。(出典:デジタル大辞泉)

標識(ひょうしき)
意味:目印。目印として設けられたもの。(出典:デジタル大辞泉)

目当て(めあて)
意味:目標とするもの。目印。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました