ユニークとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ユニーク

「ユニークな発言をする」などのように使う「ユニーク」という言葉。

英語では「unique」と表記します。

「ユニーク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ユニーク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ユニークの意味

「ユニーク」には次の意味があります。

唯一であるさま。また、そのものだけが他と異なるさま。独特。無比。独自。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ユニークな発言をする」で「独特な発言をする」という意味になり、何かを言うときに他の人とは違った見かたや表現をすることをいいます。また、「ユニークな番号」といえば、他と重複のない唯一の番号であることをさします。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・テレビの情報番組で、ユニークな会社として取り上げられたこともある。
(出典:宮部みゆき『模倣犯 上』)

・自分は特別なのだ、他の連中とは違うこの世にたった一人のユニークな存在なのだと思った。
(出典:縞田理理『霧の日にはラノンが視える2』)

・名文がいろいろあって、断片的だけど解説がユニークで面白いんです。
(出典:安野光雅/藤原正彦『世にも美しい日本語入門』)

・自然はそれ自らにしてユニークだから。而して勿論ユニークなものは一つ以上あることが許されないから。
(出典:有島武郎『描かれた花』)

・発想がユニークなだけでなく、そぼ降る雨を丁寧に美しく表現できている。
(出典:有栖川有栖『あるYの悲劇』)

類語

独特(どくとく)
意味:そのものだけが特別にもっていること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

唯一(ゆいいつ)
意味:ただ一つであること。それ以外にはないこと。(出典:デジタル大辞泉)

独自(どくじ)
意味:他と違って、そのものだけにあること。また、そのさま。独特。特有。(出典:デジタル大辞泉)

個性的(こせいてき)
意味:人や物が、他と比較して異なる個性をもっているさま。独特であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

型破り(かたやぶり)
意味:一般的、常識的な型や方法にはまらないこと。また、そのようなやり方であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました