モニタリングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

モニタリング

「モニタリング」などのように使う「モニタリング」という言葉。

英語では「monitoring」と表記します。

「モニタリング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「モニタリング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

モニタリングの意味

「モニタリング」には次の意味があります。

監視すること。観察し、記録すること。(出典:デジタル大辞泉)

特に、継続的に観察・記録し、監視することを言います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・麻理子のモニタリング結果は毎日検査部から吉住のもとへ送られてくる。
(出典:瀬名秀明『パラサイト・イヴ』)

・さらに、装着者の体細胞組織の変化を、モニタリングする機能まである。
(出典:三雲岳斗『レベリオン 第02巻』)

・ここからではモニタリングできないけど、ラーゼフォンの石化現象に変化でもあったのかしら。
(出典:大野木寛『ラーゼフォン第01巻』)

・私による身体モニタリングシステムを舐めてもらっては困ります。
(出典:谷川流『電撃!!イージス5 第01巻』)

モニタリングを続けた結果、ハイジャッカーは1人との確証を得た。
(出典:藤石金弥『コクピット クライシス』)

スポンサーリンク

類語

監視(かんし)
意味:警戒して見張ること。また、その人。(出典:デジタル大辞泉)

見張(みはり)
意味:あたりをみはること。看視すること。また、その人。看守。(出典:精選版 日本国語大辞典)

観察(かんさつ)
意味:物事の状態や変化を客観的に注意深く見ること。(出典:デジタル大辞泉)

見守り(みまもり)
意味:見守ること。多く、安全や健康が保たれるように目を離さないで保護することをいう。(出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました