モックアップとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

モックアップ

「店頭のモックアップで手に持った時の大きさを確認する」などのように使う「モックアップ」という言葉。

英語では「mockup」と表記します。

「モックアップ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「モックアップ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

モックアップの意味

「モックアップ」には次の意味があります。

試作や店頭展示などのためにつくられる実物大模型。モック。(出典:デジタル大辞泉)

「店頭のモックアップで手に持った時の大きさを確認する」で、「お店の売り場で実物大模型を手に取って、商品の大きさがどのくらいかを確かめる」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・展示会場に置いてあったのはただのモックアップのため、実際の細かい動きを見ることはできなかった。

・ソフトのリリース前ですが、社内で使い方の研修を行う必要があるので、モックアップを提供していただけませんか?

モックアップでもおおまかな様子をつかむには十分だ。

類語

模型(もけい)
意味:実物の形に似せて作ったもの。(出典:デジタル大辞泉)

試作(しさく)
意味:本式に作る前に、ためしに作ってみること。また、そのもの。(出典:デジタル大辞泉)

プロトタイプ
意味:製品などの試作モデルのこと。(出典:デジタル大辞泉)

見本(みほん)
意味:商品などの質や形状を買い手に知らせるために示す品。また、そのために作った物。サンプル。(出典:デジタル大辞泉)

サンプル
意味:商品見本。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました