メタバースとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

メタバース

「メタバースを利用する」などのように使う「メタバース」という言葉。

「メタバース」は、英語で「metaverse」と表記します。

「メタバース」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「メタバース」の意味や使い方や類語について、用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

メタバースの意味

「メタバース」には次の意味があります。

インターネット上に構築される仮想の三次元空間。(出典:デジタル大辞泉)

「超越した」という意味のmetaと、「世界」という意味のuniverseが組み合わさってできた合成語です。
ネット上の仮想空間のことで、利用者は「アバター」と呼ばれる自分の代わりとなる分身を操作してその空間内を移動したり、他の参加者と交流したり、旅行やコンサート、買い物へ行くなど、現実世界に近い様々な体験をすることができます。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・有名アーティストがメタバースでコンサートを開く。

メタバースにバーチャルショップをオープンした。

・会議はメタバースで行われるので、会社にいなくてもどこからでも参加できます。

メタバース内で土地を売買して資産を増やしている。

メタバースの技術をビジネスに取り入れる。

スポンサーリンク

類語

仮想空間(かそうくうかん)
意味:バーチャルスペース。(出典:デジタル大辞泉)

バーチャルスペース
意味:コンピューターネットワーク上の仮想的な空間やコンピューターが作り出した人工的な環境。(出典:デジタル大辞泉)

サイバースペース
意味:コンピューターネットワーク上の仮想的な空間。インターネットとほぼ同義に扱われることもある。(出典:デジタル大辞泉)

バーチャルリアリティ
意味:仮想現実感、VR(virtual realityの略)とも。コンピューターグラフィックス等を用いて現実には存在しない3次元空間を作りだし、視覚、聴覚、触覚等人間の五感に臨場感を与え、あたかもその中にいるような疑似体験をさせる技術。(出典:百科事典マイペディア)

セカンドライフ
意味:米リンデンラボが開発・運営するネットワーク・サービスで、自分の分身となるキャラクターを作り、立体的に描かれた仮想世界で生活するものです。(出典:パソコンで困ったときに開く本)

タイトルとURLをコピーしました