ミニマルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ミニマル

「ミニマルな構成」などのように使う「ミニマル」という言葉。

英語では「minimal」と表記します。

「ミニマル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ミニマル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ミニマルの意味

「ミニマル」には次の意味があります。

最小限であるさま。特に、美術や音楽などで、装飾を一切つけないさま。(出典:デジタル大辞泉)

可能な限り少ない様子を意味します。
対義語は「最大限であるさま」を意味する「マキシマム(maximum)」です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そこに描かれるそのミニマルな世界こそが、日本人が、日本人に特有の、ある、深淵で永遠なるものに近づける道であることを。
(出典:上林暁/坪内祐三編『禁酒宣言 ―上林暁・酒場小説集』)

ミニマルスタイルの音楽を追求する。

・このブランドはシンプルでおしゃれなデザインなので、ミニマルなファッションを好む人たちに人気がある。

ミニマルな生き方に憧れて断捨離をはじめた。

スポンサーリンク

類語

最小限(さいしょうげん)
意味:ある範囲内で、最も小さいこと。(出典:デジタル大辞泉)

ミニマム
意味:最小。最小限。最低限度。(出典:デジタル大辞泉)

シンプル
意味:単純なさま。また、飾り気やむだなところがなく、簡素なさま。(出典:デジタル大辞泉)

純粋(じゅんすい)
意味:まじりけのないこと。雑多なものがまじっていないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました