マイホームとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

マイホーム

「夢のマイホームを手に入れた」などのように使う「マイホーム」という言葉。

洋語では「my home」と表記します。

「マイホーム」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「マイホーム」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

マイホームの意味

「マイホーム」には次の意味があります。

・持ち家の意味で使うのは和製用法。英語のmy homeには、自分が住む家、という意味しかない。(出典:とっさの日本語便利帳)

「マイホーム」とは、家族が生活を共にする場所のことで、特に一戸建ての持ち家のことを言います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・受け皿にあるのと同じマイホームの広告がゆっくりと送られてくるのだ。
(出典:吉村達也『南太平洋殺人事件』)

・郊外に移ることにより、念願のマイホームが現実のものになったからだ。
(出典:奥田英朗『邪魔』)

・自分で望んだわけではないが、マイホーム型の人間にならざるを得なかった。
(出典:佐竹一彦『挙動不審者』)

・こいつは俺よりも二歳も下のくせに、もうマイホームを手に入れてるんだ。
(出典:東野圭吾『白夜行』)

・杉田平介のマイホームは、三鷹駅からバスに乗って数分のところにあった。
(出典:東野圭吾『秘密』)

類語

・家庭(かてい)
意味:夫婦・親子などの関係にある者が生活をともにする、小さな集団。また、その生活する所。(出典:デジタル大辞泉)

・家(いえ)
意味:人々が寝起きして生活を営んでいるところ。家族などが住んでいるところ。家屋敷、土地などを含んだ空間全体。また、特に自分の住まいとするところ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・我が家(わがや)
意味:自分の家。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・持家(もちいえ)
意味:所有している家。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・家屋(かおく)
意味:人が住むための建物。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました