ペガサスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ペガサス

「ペガサスの夢を見る」などのように使う「ペガサス」という言葉。

英語では「Pegasus」と表記します。

「ペガサス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ペガサス」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ペガサスの意味

「ペガサス」には次の意味があります。

ギリシア神話中の翼を持つ神馬。ペルセウスに殺されたメドゥーサの肩の切口から生まれた。英雄ベレロフォンの持馬となり、怪物キマイラ退治やアマゾン族との戦いで活躍する。また、ひづめで地を蹴って多くの泉を噴出させた。死後天上に昇って星座となったという。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ペガサス」はギリシア語ではペガソス、ラテン語ではペガススといいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・あたしたちのいる山の頂上を左へと巻くようにペガサスは接近してきた。
(出典:高千穂遙『ダーティペアシリーズ2 ダーティペアの大逆転』)

・それは白いペガサスのように、タマミをどこかに運んでいってくれるのだ。
(出典:坂東眞砂子『13のエロチカ』)

・そして今、ペガサスに騎乗する彼の背には光のリングが輝いていた。
(出典:丈月城『カンピオーネ! 4 英雄と王』)

ペガサスの子供が主役で、ギリシャの神々が大勢登場するという音楽劇だった。
(出典:宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー-下巻』)

・青い鱗をきらめかせた風竜が、ペガサスを何騎も引きつれ、急速な勢いでこちらに向かってくるのが見えた。
(出典:ヤマグチノボル『ゼロの使い魔 第15巻 忘却の夢迷宮』)

類語

一角獣座いっかくじゅうざ
意味:南天の星座。オリオン座の東、大犬座の北にあり、銀河にまたがる。肉眼星数一一二。二個の散光星雲をもつ。伝説上の動物「一角獣」に由来する。(出典:精選版 日本国語大辞典)

天馬てんま
意味: ギリシア神話で、ペガサスのこと。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

星宿せいしゅく
意味:ほし。天球上の恒星、その見かけの集団。(出典:精選版 日本国語大辞典)

星斗せいと
意味:ほし。星辰(せいしん)。(出典:精選版 日本国語大辞典)

カシオペイア
意味:ギリシア神話で、エチオピア王ケフェウスの妻。アンドロメダの母。娘を海神にささげ岩につないだが、ペルセウスが海の怪物を退治して救出した。死後、星座になる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました