ペイシェントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ペイシェント

「モンスター・ペイシェント」などのように使う「ペイシェント」という言葉。

英語では「patient」と表記します。

「ペイシェント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ペイシェント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ペイシェントの意味

「ペイシェント」には次の意味があります。

・患者。病人。(出典:デジタル大辞泉)

英語の名詞「ペイシェント」には、「患者」という意味があります。形容詞になると「我慢する」など学生に身近な意味になります。「患者」は「我慢する」と覚えておくと思い出しやすいですね。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・近年、病院などで問題になっているのは「モンスター・ペイシェント」だ。

・モンスター・ペイシェントとは、病院で大柄な態度を取る患者の事だ。

・モンスター・ペイシェントは、料金を納めているという理由で、女性看護師にセクハラまがいのことをすることがある。

類語

・患者(かんじゃ)
意味:病気やけがの治療を受ける人。医師の側からいう語。(出典:デジタル大辞泉)

・病人(びょうにん)
意味:病気にかかっている人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・負傷者(ふしょうしゃ)
意味:負傷した人。けがをした人。けがにん。負傷人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

クランケ(ドイツ語: kranke)
意味:患者。主に医者、看護師が使う語。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました