ベネフィットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ベネフィット

「これはすごいベネフィットがある」などのように使う「ベネフィット」という言葉。

英語では「benefit」と表記します。

「ベネフィット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ベネフィット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ベネフィットの意味

「ベネフィット」には次の意味があります。

利益。恩恵。また、慈善事業。(出典:デジタル大辞泉)

「ベネフィット」はビジネスをする中で「この商品にはこんなベネフィットがある」のように使われることがあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・一九七六年四月、『ブロードサイド』誌のためのベネフィット・コンサートのステージに立ったのち、彼はその一生を通して一番長い旅に出ていく。
(出典:浜野サトル『新都市音楽ノート』)

・その辺りのベネフィットについての算盤を弾いていないわけではなく、得たものは得たものとして、ちゃっかり計上している右左危博士ではあったけれども、しかし一方で、彼女はこのとき、ある種氷上よりも『がっかり』していたのだ。
(出典:西尾維新『伝説シリーズ 5 悲業伝』)

・そして、廃馬が自らの命を絶ったあとには、最後まで誠実であり続けた彼の魂を物語る、五〇〇ドルのベネフィットがのこされた。
(出典:浜野サトル『新都市音楽ノート』)

・このチャリティコンサートにはすばらしいベネフィットがある。

・この戦略でどれくらいのベネフィットが得られるかが勝負だ。

類語

プラス
意味:ためになること。有益。(出典:デジタル大辞泉)

アドバンテージ
意味:有利な立場、条件。優位。利益。(出典:精選版 日本国語大辞典)

恩恵(おんけい)
意味:めぐみ。いつくしみ。なさけ。恩沢(おんたく)。(出典:精選版 日本国語大辞典)

有益(ゆうえき)
意味:利益があること。ためになること。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

特典(とくてん)
意味:特別に与えられる恩典。特別の待遇。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました