プロパーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プロパー

「プロパー社員」などのように使う「プロパー」という言葉。

英語では、「proper」と表記します。

「プロパー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プロパー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プロパーの意味

「プロパー」には次の意味があります。

本格的であること。専門であるさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ビジネスシーンで使われる「プロパー社員」には「正社員」や「新卒からの生え抜き社員」という意味があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・哲学には哲学プロパーという絶対的に不可侵の桃源があるように見える。
(出典:戸坂潤『現代哲学講話』)

・この病院に出入りしている製薬販売会社のプロパーは、峰岸だけではない。
(出典:海月ルイ『子盗(と)り』)

・その時、二つほど離れたデスクから同期のプロパーに呼ばれた。
(出典:夏樹静子『紅い陽炎』)

プロパーのモラルが低下したことによって引き起こされる事件もあとを絶たない。
(出典:内田康夫『遺骨』)

・初めて或る特定なものが、特にジャーナリズム・プロパーとなる場合が考えられねばならぬ。
(出典:戸坂潤『思想としての文学』)

類語

本格的(ほんかくてき)
意味:本来そうあるべき方式に従っているさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

正式(せいしき)
意味:定められた正しい方式や、簡略化しない本来の形式に従っていること。(出典:デジタル大辞泉)

生え抜き(はえぬき)
意味:初めからそこに所属して今日に至っていること。(出典:デジタル大辞泉)

専業(せんぎょう)
意味:専門の事業または職業。(出典:精選版 日本国語大辞典)

エキスパート
意味:ある分野でじゅうぶん経験を積み、高度の知識、技術、技能を持った人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました