プロジェクトとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プロジェクト

「プロジェクトリーダー」などのように使う「プロジェクト」という言葉。

英語では「project」と表記します。

「プロジェクト」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プロジェクト」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プロジェクトの意味

「プロジェクト」には次の意味があります。

企画。計画事業。研究開発計画。 (出典:デジタル大辞泉)

「プロジェクト」をわかりやすく言えば「何らかの目標を達成するための計画」という意味です。
基本的に、集団で大掛かりに行うものを指します。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・信頼出来るスタッフを集めてプロジェクトチームを作らねばならん。
(出典:山田智彦『銀行 男たちのサバイバル』)

・この特別プロジェクトは最終的段階に到達しようとしていた。
(出典:ディック/仁賀克雄訳『人間狩り ―ディック短編集』)

・会社は慌てて、あいつに関するプロジェクトの全てを中止にしました。
(出典:辻内智貴『青空のルーレット』)

・最近そのプロジェクトが軌道に乗りかなりの利益があがっている。
(出典:阿部牧郎『オフィス街のエロス』)

・世紀末東京の一大プロジェクトであった東京港連絡橋の最後だった。
(出典:田中芳樹『創竜伝 第02巻』)

スポンサーリンク

類語

課題(かだい)
意味:解決しなければならない問題。(出典:デジタル大辞泉)

任務(にんむ)
意味:課せられた仕事。(出典:大辞林 第三版)

事業(じぎょう)
意味:大きく社会に貢献するような仕事。(出典:デジタル大辞泉)

務め(つとめ)
意味:当然しなければならない事。(出典:大辞林 第三版)

事業計画(じぎょうけいかく)
意味:事業概要等を3〜5年間(上場までが一般的)策定したもの。(出典:株式公開用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました