プリンシパルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

プリンシパル

「プリンシパルな人」などのように使う「プリンシパル」という言葉。

英語では「principal」と表記します。

「プリンシパル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「プリンシパル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

プリンシパルの意味

「プリンシパル」には次の意味があります。

・主要な人。最も重要な人。(出典:デジタル大辞泉)

「プリンシパル」とは、「メインであること。重要性が一番であること。」などの意味を持ちます。英語では幅広く使用されますが、日本語では「主要な人物」や「メイン」といったイメージを持っておくといいでしょう。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・バレエなどの主役の事をプリンシパルと呼ぶことがある。

・名詞でプリンシパルというと、校長という意味になる。

・イランのプリンシパルな輸出品は石油だ。

・今日の会議のプリンシパルな目的は、最終報告書に全員が同意しているかどうかの確認のためだ。

・ここが二つの都市を結ぶプリンシパルな道だ。

類語

・主要(しゅよう)
意味:いろいろある中で特に大切なこと。(出典:デジタル大辞泉)

・メイン(main)
意味:主要であること。中心となること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました