ブランドとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ブランド

「ブランド力を向上させたい」などのように使う「ブランド」という言葉。

英語では「brand」と表記します。

「ブランド」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ブランド」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ブランドの意味

「ブランド」には次の意味があります。

銘柄。商標。特に高級品として有名な商品と、その商標。(出典:デジタル大辞泉)

「ブランド力を向上させたい」は、「その銘柄の知名度や信頼性、好感度を上げて、市場への影響力を高めたい」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この店こそが、現在のチョコレート業界の最高級ブランドなのである。
(出典:中村うさぎ『ショッピングの女王』)

・会社は国内有数のブランドと評価されるようになり、着実に伸びていった。
(出典:呉善花『恋のすれちがい』)

・高校の制服は有名なデザイナーズブランドで、結構気に入っていた。
(出典:永瀬隼介『サイレント・ボーダー』)

・受け取って見てみるが、ブランド名やロゴがどこにも入っていない。
(出典:雫井脩介『クローズド・ノート』)

ブランド物のスニーカーをはいた足で、柵へ近づいていく。
(出典:田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿07 霧の訪問者』)

類語

銘柄(めいがら)
意味:商品名。商標。特に、一流の商品の名称。ブランド。(出典:デジタル大辞泉)

商標(しょうひょう)
意味:事業者が自己の取り扱う商品・役務(サービス)を他人の商品・役務と識別するために、商品について使用する文字・図形・記号などの標識。(出典:デジタル大辞泉)

トレードマーク
意味:登録商標。商標。(出典:デジタル大辞泉)

一流(いちりゅう)
意味:その分野での第一等の地位。第一級。(出典:デジタル大辞泉)

タイトル
意味:肩書き。称号。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました