ブラフとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ブラフ

「ブラフをかける」などのように使う「ブラフ」という言葉。

英語では、「bluff」と表記します。

「ブラフ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ブラフ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ブラフの意味

「ブラフ」には次の意味があります。

虚勢。はったり。(出典:デジタル大辞泉)

「相手のブラフを見破る」であれば、「相手のはったりを見破る」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どこまでがブラフでどこまでが本気なのか、まったくわからない相手だった。
(出典:五十嵐貴久『TVJ』)

・きみがこれだけ見事なブラフをやりつづけて来たことに、おれは感心するよ。
(出典:モーム/田中西二郎訳『幸福』)

・ポーカーというゲームは、ブラフでも戦かえるという点が、実に面白い。
(出典:阿佐田哲也『ばいにんぶるーす』)

・エレベーターに乗ったというのはブラフか。
(出典:松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』)

・これまでの動作は一種のブラフだった。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウ・シリーズ(全13巻) 10 ダイロンの聖少女』)

類語

虚仮威し(こけおどし)
意味:見せかけはりっぱだが、中身のないこと。(出典:デジタル大辞泉)

はったり
意味:相手を威圧するために、大げさな言動をしたり強気な態度をとったりすること。(出典:デジタル大辞泉)

空威張り(からいばり)
意味:実力がないのに虚勢を張ること。(出典:デジタル大辞泉)

虚威(きょい)
意味:うわべだけの威勢。(出典:デジタル大辞泉)

張子の虎(はりこのとら)
意味:見かけだおしの人などをあざけっていう語。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました