ブラックフライデーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ブラックフライデー

「ブラックフライデーセール」などのように使う「ブラックフライデー」という言葉。

英語では「Black Friday」と表記します。

「ブラックフライデー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ブラックフライデー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ブラックフライデーの意味

「ブラックフライデー」には次の意味があります。

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。(出典:デジタル大辞泉)

日本でも最近、「ブラックフライデー」という言葉を耳にします。
「ブラック」の理由は、「黒字になる」意味との願掛けでもあるようです。
日本では感謝祭の翌日の金曜日の事を意味するのではなく、商戦の名前というイメージが強いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・今年もブラックフライデーの年末商戦が始まった。

ブラックフライデーのブラックは、黒字とのダブルミーニングだ。

ブラックフライデーの目的は消費喚起を狙っている。

ブラックフライデーのセールで、要らぬものまで購入してしまった。

類語

サイバーマンデー
意味:米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の連休明けの月曜日のこと。クリスマスの準備が始まり、職場などでオンラインショッピングをする人が多いため、売上高が突出する日として知られる。(出典:デジタル大辞泉)

グリーンマンデー
意味:米国などで、12月第2週の月曜日こと。いわゆるクリスマス商戦において、ブラックフライデーやサイバーマンデーで買い逃した客を対象とする。(出典:デジタル大辞泉)

年末商戦(ねんまつしょうせん)
意味:年の暮れに行われる商売上の競争。(出典:デジタル大辞泉)

クリスマスセール
意味:デパートや商店などで、クリスマスの買物をあてこんで行う売り出し。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました